• ハーレーのじかん1
  • ハーレーのじかん2

ハーレーのテールランプやヘッドライトもLED

ハーレーのヘッドライト

ハーレーのテールランプやヘッドライトなど、ランプ周りをカスタマイズするなら、LEDランプにするのも一つの方法です。家庭用の照明などで使用されることが多く、節電に効果的だといわれているLEDはハーレーにも取り付けることができます。

ハーレーのランプ周りをLEDにするメリットは、ハロゲンなどほかのランプに比べて寿命が長いことです。ほかの照明はランプが切れるたびに取り替えなければならない、といった手間がありますが、LEDは半永久的に切れないといわれています。一度LEDにしたらバイクの寿命よりも長く持つ可能性があるため、ランプを交換する手間を省くことができます。

ヘッドライトにも個性

もう一つのメリットとしてあげられるのは、ハロゲンに比べて明るいことです。LEDは白く明るいため、夜間運転するときに視認性がよくなるといわれています。夜間に運転する機会が多い方には、特におすすめです。HIDも十分明るいといわれていますが、明るくなるまでに少し時間がかかります。LEDはHIDよりも立ち上がりが早く、点灯させてからすぐに明るくなります。HIDの明るくなるまでの間が気になっていたという方にも、LEDはピッタリです。

メリットの多いLEDですが、それだけに価格が高いものが多いところが唯一のデメリットといえます。最初に購入するときの出費はきついですが、長持ちすることを考えると、安いものにして交換していくのと変わらないかも知れません。

ハーレーの純正パーツは通販で安く購入するのがおすすめ

ハーレーのパーツには色々な種類があり、中でもカスタムパーツには純正パーツと呼ばれるものがあります。純正パーツはほかのパーツと比較すると、使用することで本体に仕様されているものと同一の仕様を満たすようになっているので安全に利用できるところがメリットです。

そんな純正パーツは店舗でも販売されているのですが店舗によって仕入れているパーツが限られていたり、場合によっては種類が少ないということも少なくありません。このため思ったようなパーツが手に入らない可能性があるほか、純正パーツとなると購入価格が高く設定されているのでなかなか購入しにくいという面もあるようです。

そんな純正パーツは、店舗で購入するよりもインターネット通販を利用する方がおすすめだと言われています。通販の場合は店舗で販売されている種類や数よりも多いので、より自分のハーレーに見合ったパーツを見つけやすくなっているところがメリットです。場合によってはなかなか店舗では見かけないような珍しい純正パーツを見つけられる可能性もあるので、純正パーツ探しに苦労しているという人向けの販売ルートとなっています。

さらに通販の場合は店舗販売よりも安い価格で販売されているケースが多いので、できる限り安くパーツを仕入れたい場合には通販は非常に便利です。このためハーレーの純正パーツの購入を検討している場合は、店舗で一度チェックしてから通販で購入するのがよいと言われています。

ハーレー初心者にオススメ!グリップとミラーのカスタムでオリジナリティを演出

ヘッドライトにも個性

ハーレーを楽しむ方法は、人それぞれ異なります。純正をそのまま乗り続ける人、カスタムして自分なりのハーレーに仕上げる人、そのどちらも正解です。後者のように、カスタムハーレーを楽しむ場合、どこをカスタムするのかがポイントになります。ハーレーのカスタムは、オールドスクールやチョッパースタイルなど、ジャンルが多彩です。また、カスタムパーツも数多く出回っています。したがって、ハーレー初心者の方にオススメなのが、グリップやミラーのカスタムです。どちらも簡単に部品交換できます。

まず、グリップのカスタムポイントは素材とカラーです。例えば、オールドスクールのビンテージハーレーには、マットカラーやゴム素材がマッチします。ボディの雰囲気をそのままに、ビンテージテイストを演出可能です。また、スタイリッシュなチョッパースタイルや、メッキパーツが多いアーバンスタイルは、グリップも派手なカラーで、金属っぽいグリップが似合います。

そして、ミラーのカスタムはミラー部のカタチがポイントです。ミラーのカラーは、基本的にメッキブラックやマットブラック、そしてメッキシルバーが多く流通しています。ボディと同じカラーがまとまりやすいので、比較的簡単に決められるのがメリットです。一方、ミラー部のデザインバリエーションは多く、丸型ミラーや楕円ミラー、さらに長方形やひし形ミラーなどがあります。カタチを選ぶコツは、バイクのスタイルや、フロントビューの主張度合いで選ぶ方法が無難です。ただ、どれを選んでも、失敗するほどミスマッチではありません。好みで決めても問題ないです。

このように、まずはグリップとミラーをカスタムし、自分らしいバイクに仕上げてみてください。